良隣 -Yotonari-

「事業の先にある豊かな未来」を共に考える

個人事業主がコロナ禍を勝ち抜くための5つの作戦

約4分

作戦なしでは勝ち抜く事ができない

もともと起業は存続率が低く、総務省のデータで見ると起業後10年間で74%の方々が廃業しています。

更に現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの方々が経営の悪化や廃業などに追い込まれてしまっています。

そんな厳しい時代に、作戦もなくただ真面目にご自身のビジネスを取り組むだけでは、長く勝ち抜いていく事は非常に困難でしょう。

そこで今回は、そんなあなたが『 コロナ禍を勝ち抜くための5つの作戦 』についてお伝えしていきます。

コロナ禍を勝ち抜く5つの作戦

  • 支出を下げる

もちろん直接事業に関わるところは、今日明日で急に下げることは出来ませんが、その他付随する所で下げる余地はあるはずです。

特に個人事業主の方であれば、別の記事で紹介した「 固定費削減の5つのポイント 」を参考にしてみて下さい。

削減出来た支出の分は、経常利益としてダイレクトに返って来る為、成果が分かりやすいものになりますね。

  • 補助金を申請する

現在新型コロナウイルスの影響により、様々な補助金があり、国や地方自治体の設定する予算枠も大きくなっています。

事業を強くし、また新たなチャレンジにもつながる非常に有効な手段ですが、補助金はその仕組み上採択されないと受け取ることが出来ません。

ですので、ぜひ申請する際は専門家のアドバイスを受けながら、積極的に申請・活用していきましょう。

  • 助成金を活用する

助成金は補助金と違い、条件に合致していれば基本的には全員受け取れるものになります。

ですが助成金は種類も多く、どの助成金があなたのケースに合致するか、なかなか分かりにくいと思います。

補助金と同様、専門家の方のサポートを受けつつ、積極的に活用していきましょう。

  • 融資を受ける

補助金や助成金と同じく、新型コロナウイルスの影響で審査が通りやすくなったり、貸し出しの枠や利率も大きく下がっています。

もちろん無計画に借りるのではなく、しっかりとした経営計画に基づいて、借りれるところはしっかり借りましょう。

前述の補助金等と組み合わせて活用すると補助金の為の手出しも少なく、金銭的な余裕を持って進める事が出来ます。

  • 税金を下げる

この項目は、クライアントさんのほぼ全員がノウハウを必要としており、非常に注目されている項目ですね。

日々どういう経営を心がけ、どこのポイントを意識する事で節税に繋がっていくのか。

この辺りのお話は、事業コンサルとしてお伝えする事で非常に喜んで頂けるポイントになります。

勝ち抜くために使えるものは全て使う

もしもあなたが上記の作戦を全て一人でこなす事が可能であれば、話は早いでしょう。

ですが、その状態だとしても私は「 プロに任せる 」事をお勧めします。

なぜなら、あなたが一番意識しなければならないのは「 事業本体の売上アップ 」であり、「 お客様サービスや事業利益の追求 」であるはずです。

「 餅は餅屋 」であり、補助的な5つの作戦にあなたのリソースを大きく割くのは本末転倒であると私は思います。

ぜひ信頼出来るパートナーを見つけ、そのパートナーを活用し協力して貰いながら作戦を進めていきましょう。

5つの作戦のまとめ

それでは今回の記事をまとめさせて頂きます。

  • コロナ禍を勝ち抜くための5つの作戦
  1. 支出を下げる
  2. 補助金を申請する
  3. 助成金を活用する
  4. 融資を受ける
  5. 税金を下げる
  6. おまけ プロに任せる

いかがでしたでしょうか?

5つの作戦を活用する事で、あなたの事業が強く確かなものになっていくでしょう。

厳しい今の情勢を勝ち抜いていく為に、ぜひ一つづつあなたの状況と合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

もしあなたに合ったものが見つからないのであれば、お問合せ頂ければ各項目ごとにご提案させて頂きます。

是非一度良隣までご連絡下さい!